上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アロマオイル(精油)の原液を
直接、肌につけることはできないのですが、
ホホバオイルなどのキャリアオイルを使用して
1%以下に希釈することによって、
お肌のトリートメントに使用することが出来るのです。

ただし、たとえ希釈した場合でも、アロマオイルの種類によっては、
その成分が体質に合わない場合も考えられますので注意が必要となります。

お肌の敏感な人やアレルギー体質の人は反応が出やすくなっているので、
精油を使ったトリートメントを行う場合は、
事前にパッチテストを行って安全を確認するようにしましょう。
スポンサーサイト

食べるものも食べないと、元気も出ません。

食欲不振には
ベルガモット、グレープフルーツ、ローズマリー、レモン、ブラックペッパーが
効果的なエッセンシャルオイルです。

◆マッサージ情報◆
出張マッサージなら難波にあります

基本的に効果的なのは柑橘系のオイルで、
ベルガモットは食欲を刺激し、
消化器系の機能を活性かする効能もあります。
レモンも同様に消化器系を正常にしてくれます。

そしてローズマリーは胃腸の働きを向上させます。

ブラックペッパーも効果はあるのですが、
肌への刺激が強いので、
量を調節して使用しましょう。


◆マッサージ情報◆
出張マッサージは文京区にあり

精油が劣化してしまうと、どうなるかというと、
香りや色が変化したりしてしまうのです。

香りをかいでみると、
ちょっとツンとした刺激臭がしたり、
いつもとはちょっと違うにおいがすると
感じた場合は、使用するのは
やめた方がいいでしょう。

その精油は、トリートメントなどには
使用できませんが、
ハウスキーピング、掃除や洗濯などには
使用できるでしょう。

これなら無駄にしなくて済むと思います。

精油(エッセンシャルオイル)の保存期間としては
その精油の種類や保存方法によっても
違ってくるのです。

オレンジ、グレープフルーツ、ベルガモットなどの
柑橘系の精油は、酸化しやすくなっているので、
開封後、だいたい半年ぐらいが
目安となっています。

逆に、シダーウッドやサンダルウッドなどの
樹脂系の精油の場合は、
年月と共に深みを増していきますので、
2~3年が目安となっています。

そのほかの精油としては、
1年を目安にして使い切るようにしましょう。

アロマオイルは、天然成分が
原材料となっているのです。

まわりの環境に影響されやすいため、
保管する環境には注意する必要があります。

アロマオイルは、とくに、
直射日光や熱に弱い性質があるので、
湿気や火気があるところは
避けるようにしましょう。

風通しがいい、冷暗所で
保管するのが一番とされています。

アロマオイルは、デリケートな素材なので
間違った方法で保管していると、
品質が変わってしまう場合があります。

品質が変わってしまったアロマオイルで
マッサージをすれば、体にトラブルが
起こる原因にも繋がってしまいます。

アロマオイルは正しい方法で
保管するように意識しておきましょう。

<大阪のマッサージ関連情報>
大塚で受けたいオイルマッサージ店の情報
人気のアロママッサージは堺で有名です



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。